HIROKO DOKURA DIARY

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
春みっけ 00:56
 今日の北九州は曇天でしたが、昨日はいいお天気で春のようでした。

市場の花屋さんも、スイトピーやチューリップ、菜の花など一気に春へ衣替えです。

ダンスレッスンに通う道すがらの河原の桜も、しっかり蕾をつけてきています。思わず「ありがとう〜えらいね〜」と声をかけてしまいました。

私達人間も、講釈ばかり言わないで、まっすぐたくましく生きていかなくちゃね。

私は、寒くても春の予感のこの時期が好き。何かいいことありそうだから。(ほとんど空振りだけど・・・)

今年は今病気と闘っている友人に是非桜を見せてあげたい。お花が大好きな彼女を、花見に連れて行きたいです。

数年前、旅行にいったときに 竹内まりやの「人生の扉」を一緒に歌いました。
「満開の桜や色づく山の紅葉をこの先いったい何度みることになるだろう〜」この歌詞に共鳴して、毎年桜見に行こうねって約束したっけ。

楽しみにしてくれているといいな〜〜


さて、3日は万希ちゃんの初節句です。

7カ月のまんまるの万希ちゃん、ほんとに可愛いお雛様です。

恥ずかしい話ですが、我が家では30ウン年ぶりにお雛様をだしました。

その昔、長女2歳、長男0歳、私もまだ20代という時期に開業し、毎日が戦争でした。

忙しさにかまけて、そのうちにと思いながら2度だしたまま、倉庫に眠っていました。

万希ちゃんのおかげですね。ほんとに出せてよかったです。

息子たちは旅行ずき。先日も温泉に行ったとか。

「まだ入ってる〜」とおじさん系の悠君、笑えますね〜これでも2歳5が月。




| - | - | - | posted by angelroco11
<< NEW | TOP | OLD>>