HIROKO DOKURA DIARY

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
教室展とウエディング 23:21
一年でもっとも美しい季節になりました。

ハッと気がつくと、すでに4月も終わりに。。。オーマイゴット!!です。

やっと、秋の教室展が決定しました。心待ちにされていた生徒さん達、お待たせです。

3年前に開催した時の会場「旧松本邸」の予約がとれず、昨日門司港レトロに行ってきました。

人形展ができる施設は旧大阪商船か旧門司三井倶楽部ですが、どちらも、気候のいい時期はなかなかとれません。


旧門司三井倶楽部は10年前(こわ〜〜)に初めての教室展を開催しましたが、今では申し込みの方法もすっかり様変わりしていました。

そのころは、半年毎に希望者の先着順だったと思いますが、どこそこの事務所に行くように地図を渡されました。

散歩がわりにぶらぶら歩いて出向きました。しか〜し、ほんの近くまできているのはわかっていても、どうしてもその事務所が探せません。(決して方向音痴ではありません!)

土産物屋やレストランで尋ねても皆さん首をかしげるばかりです。んもう〜〜です。

ウロウロキョリキョロしていると、清掃中のおばちゃん(?)が「あんた、さっきからずっとウロウロしてるけど、何さがしてるん?」と、親切な声が!清掃中の女神さまですね!

ほんとに親切に、ドアの入り口まで、手を引かんばかりに連れて行って下さいました。

「わからんかったら私達、掃除のもんにききんさい。よかったよかった」ですって。ありがとう。。。。

やっとたどり着いた事務所、どうぞ予約できますように。。。と、中へ。。

こちらの意向を一通り聞いた事務所の方は、分厚いファイルをめくりながら、「う〜ん、日曜日が入らなくても良いのでしたら秋でもとれるのですが、10月11月は早くに埋まってしまいますからねぇ・・・」

そうだよね〜今頃申し込みに行って無理にきまってるよね〜とあきらめ気分になっていると、「あっ、9月の14、15日、キャンセルがでています」ですって!ラッキー!!!

運が逃げるから言いにくいんだけど、こんな時ってほんとにツイてるんですよね〜〜わ・た・し。

さっそく予約をして帰りました。

9月11日(木)〜15日(月・祭)まで。NEW!でもお知らせします。

さあ、あとはガンバガンバです。



さてさて話はウェディング

このまま「おひとり様」と思っていた長女が先週結婚しました。

10年前に知り合った彼が、9年ぶりに帰国、再会となったようです。目に見えない糸が、京都とロンドンをつないでいたのでしょうね。

重ねてべビィまで!です。8月出産というわけでバタバタの挙式となりました。

もうずいぶん前に、娘のその日にと、カトレアの刺繍がほどこされた、素敵なウェディングドレスの生地を用意していました。

そして、そのお仕立てを、私が人形作家としての今を築いてくださった恩人(倉田克代先生)にお願いしたいと、ずっと思ってきました。

自分の洋服だけでなく、駆け出しの私に、人形の洋服作りもずいぶん教えていただきました。

ずいぶんご無沙汰で失礼申し上げていましたが、先生は、仮縫いの度にサイズがかわる妊婦のウェデングドレスのお仕立てを、気持ちよく引きうけてくださいました。

2カ月という、日にちが足りない中でも、とても素敵なドレスができあがりました!

そして、久しぶりにプロの仕事というものを見せていただき感動でした。


               

うしろは、もっとドレーンが長いです。ベールはアンティークのウエディングベール。

             


               

手袋です。真珠やガラスのついたアンティークレースをアレンジし、これも作っていただきました。

          


           

ペチコートです。なかに綿が入っています。「もっと時間があったら完ぺきなキルトをしてあげたかったのだけど」と言われていました。初耳でしたが、当時、キルトのペチコートは後、赤ちゃんのおくるみに仕立て直して使っていたそうです。いい時代ですね〜こんな歴史的な話、大好き!

          


下着です。リボンは、ほんとはもう少し薄いブルーなんだとか。

          


リングピローです。生徒の吉本さんが作ってくださいました。エッグアートで高級感漂っています。

お式が決まって3カ月というスピード結婚。新郎新婦は関西だけど挙式は北九州。新婦はフルでのお勤めで身重。
ということで、ほとんど私の仕事になっていまいました。

無事、ミスもなく挙式を終えましたが、責任感と緊張感から解放され、式が終わった夕方から、次の日の夕方まで、なんと20時間寝ていました。ホッとしたんでしょうね。

これじゃまるで、赤ん坊帰りか寝たきり老人ですね。

あとは無事にあかちやんが生まれてきますように。。。です。

きっと、ふたりで楽しい家庭を築いてくれることでしょう。

             


             




 
| - | - | - | posted by angelroco11
<< NEW | TOP | OLD>>