HIROKO DOKURA DIARY

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
寝不足の夏になりそう。。 22:54

4年に一度の祭典、オリンピックが明日開幕します。

 

運動音痴の私ですが、趣味のひとつがスポーツ観戦。

 

格闘技、ゴルフ、プロ野球以外は何でも好きです。

 

サッカー、水泳、バレーボール、体操、陸上、卓球、テニス・・・ああ忙し・・・

 

問題は時差。録画でなく「ライブでなきゃあ」なので、今回のリオのように昼夜反対だともう大変です。

 

しかもアンラッキーなことに、時期を同じくして甲子園が始まります。

 

今年は期待された投手も多く目が離せません。

 

ああ、昼も夜も忙し忙し〜〜〜

 

ま、2週間ですからね〜頑張って楽しみましょう!

 

 

6月1日〜30日まで開催さてれいた「まあび」さんの個展の様子を紹介します。

 

喫茶店のコラボを上手に演出、リプロとオリジナルの人形達が見る人たちの心をしっかりとらえていました。

 

           

 

 

                

 

 

               

 

 

         

 

 

               

 

 

 

| - | - | - | posted by angelroco11
暑中お見舞い申し上げます 00:48

毎日猛暑が続いています。期待する夕立もなくからっからですね〜

 

人間干物ができそうです・・・

 

今日は8月1日、恒例の大濠花火大会でした。

 

いまだ見に行ったことはありませんが、毎年NHKで中継してくれます。

 

お祭りや花火大会は苦手な私でしたが(夜空にはお星さまやお月さまでしょう!と思っているから)

 

でも、テレビで初めて大濠花火大会を見て、芸術だ〜と感動してしまいました。

 

8時から9時半まで6000発の花火が打ち上げられます。

 

とくに、クライマックスの花火は圧巻です。絵画のように火薬をつめる技術ってすご技なんでしょうね〜

 

大濠公園の池の中にある島から打ち上げられるため360度観賞できるそうです。

 

大濠公園に足を運んだ人の数は、なんと42万人ですって!街の中にあるので、レストランやマンションなど周辺からの観賞人を入れると恐ろしい数ですね〜

 

一度は絶対見に行きたいです。見にいきます!(涼しいところからね。。)

 

 

6月半ばだったでしょうか、以前お教室に通われていたKさんからお電話いただきました。

 

娘さんのMちゃんが8月に結婚されるのでウエディングドールを作りたいと。

 

実はMちゃんも3年ほど通われていたので、私とスタッフたちは、自分のことのようにうれしく思いました。

 

10年前(25歳)のMちゃんは、可愛らしくて、しっかりしていて、ほんとに素敵なお嬢さんでした。

 

お母さんのお喜び様といったら。。。笑顔が落ちこぼれそうです。

 

きっと美しい花嫁さんに、そしてしっかり家庭を守っていくことでしょう。

 

ほんとにほんとにおめでとうございます。

 

グーグリー2体をウエディングドールに作り替えました。

 

とっても幸せそうなドールになりました。

 

               

 

 

            

 

 

 

 

 

 

 

| - | - | - | posted by angelroco11
うれしい生徒さんたちの活躍ぶり 22:12
昨年秋から体調のすぐれない日々が続いていたことを言い訳に、のらりくらりしていた私ですが、生徒さんたちの活躍に元気をもらっているこの頃です。

「べびぃ工房」さんや「みにあどーる」さんの活躍ぶりは言うまでもありませんが、広島の箱守りえ子さんが、初めての個展を開催されました。

事前のお知らせができなかったり、会場風景をアップしようと思ったら熊本震災が起こったりで、箱守さんには申し訳ない後手後手のお知らせになってしまいました。

3月17日から20日まで地元の広島で開催されました。

お人形たちも、会場の雰囲気も、とても素敵な人形展だったようです。


            


            


            


            


            


            


続いては「まあび」こと山本真奈美さんの第2回目の個展のお知らせと入賞のお知らせです。
 

   会期 61日〜30日 (9:0020:00) 日、祭日休みで最終日は17:00まで 
   会場 北九州市戸畑区新池2丁目8−3 喫茶ゆんたす

辻村寿三郎人形館 第一回全国創作人形公募展(広島県三次市)に出展、「秀作」に選ばれました!!


めきめきと腕をあげている真奈美さん、ほんとにおめでとう!!


              

                          「まゆり」

メールから画像をいただいたのですが、どうやっても回転できませんでした。

とりあえず横向きで失礼します・・・・


 

| - | - | - | posted by angelroco11
熊本震災から1カ月 16:05
雲ひとつない真っ青な空に向かって、色とりどりの薔薇たちが時を惜しむように懸命に咲きほこっています。


何も起こらなければ、美しい熊本の街にも薔薇が咲き誇り、人々の心を癒していたことでしょう。

4月15日、17日の熊本震災から、早くもと言うか、やっと言うか、1カ月が経ちました。

まだまだ余震も続いており、疲労と不安で皆さんどんなに大変な思いをされていることでしょう。

こころからお見舞い申し上げます。

テレビで流れる映像に毎日固まっていました。何もする気が起こらず胸だけが痛みます。

皆さんお怪我はなかったでしょうか?生活はできているでしょうか・・・

お電話やメールでお話できた生徒さんもいて、ひとまず安心したりでしたが、実状は想像に絶するものと思います。避難所生活や車中泊をされていることもお聞きしました。

体調崩されてないでしょうか・・・心配しています・・・


通常第2週の水、木曜日に熊本教室を開催していますが、たまたま4月は第1週に行ってきたばかりでした。

まさか熊本にあんな大きな震災が起こるなんて思っても見ませんでした。

変わらない毎日が明日も来月も来年も続くものと思っていました。

一人の生徒さんが言われていました。「まだ、夢の中のできごとのようにしか思えない」と。

少し落ち着いたこれからがまた心配です。ほんとに心配です。

皆さんの元気なお顔が早く見たいです。

またいつものように笑って楽しい時間をご一緒したいです。

一日も早く終息して「誇り」と「秘めたパワー」と「心やさしい」熊本が戻ってきますよう

心から心から願っています。



 
| - | - | - | posted by angelroco11
一年ありがとうございました 23:22
暖かいおおみそかです。

12月11,12日のドールフェスティバルを無事に終え1年の締めくくりになりました。

今年の行事は、2月の心斎橋大丸の創作人形展、6月の銀座での教室展、そして今回のドールフェスティバルの3回でしたが、スタッフや生徒さん達に助けていただきながら何とか出展することができました。

昨年に比べ旦那様の体調はだいぶ良くなっていますが、私の体力的なこともあり、ほんとに以前のように踏ん張りがきかなくなりました。

気持ちは「ガンガン」なんですけどね〜疲れないパワーが欲し〜〜〜いです!!

そうそう、先日、感動したというか、わが身を振り返る思いをしました。

ドールフェスティバルの直前のこと、スタッフ3人で作品の追いこみの中、京都の娘から「しんくんが救急入院」の連絡を受け、夕方の新幹線に飛び乗りました。

3日間の高熱の後の発疹、いわゆる突発性発疹を発症、ほとんどの赤ん坊がかかる病気なので、心配もしていませんでしたが、熱が下がって2日になるのに今だ足が立たなかったようです。

かかりつけのドクターからすぐ救急へと言われて電話してきたのでした。

何が何だかわからなくてとりあえず旦那様や子供達に聞いてみました。

家族に関してはパニック型の旦那様は「脳障害が残るかもしれない」とショックに追い打ちをかけてくるし、息子は「一時的にそんなことあるよ〜心配ないっちゃない?」と相変わらずの落ち着き。

一番冷静に話が聞けたのが嫁でした。救急の認定を持っている頼もしい嫁です。「おかあさん、脳症を起こしていたらもう少し熱が続くはずですから。目の焦点があってますか?手に力入りますか?大丈夫ですよ。脱水症をおこしているかもしれませんよ」と。

何とも男二人より「男前」の心強い嫁はんです。

日赤の小児救急病棟についたのは8時を過ぎていました。

いつもは元気いっぱいのしんくんは点滴をつけたまま、ママに抱っこされて泣いていました。

顔が半分くらいに小さく見え、声も嗄れぐったりしていました。

後からかけつけたパパや、わたしが抱っこしようしてもママから離れません。

採血や点滴がよほど恐怖だったんですね。かわいそうに・・・・

夜は小さなベッドでしんくんとママと3人でサンドイッチで寝ました。36年前、息子が髄膜炎で入院した時を思いだしました。

次の日は再度血液検査がありましたが、重篤な数値はみられなく、ひとまず落ち着いてきました。

足はまだ、がくがくしてしっかり歩けませんでしたが、物に手を伸ばしたりママの膝を突っぱねたりできるようになり、主治医も「おそらく心配いらないでしょう。髄液の検査は今回パスしましょう」と。

夕方までしんくんの傍にいましたが、次の日はドールフェスティバルの搬入。何が何でも今日中に帰らないとです。

今回24時間の間、救急小児病棟にいましたが、胸が痛くなったり、胸が熱くなったり、多くのことを感じて帰りました。

長期入院と違って救急で運ばれてくる小児たちばかりです。入れ替わりも頻繁だし、親も子も不安やショックの中、家族はベッドサイドでずっと附き添っています。

元気で走りまわっている子供たちばかりじゃないんだと改めて思い知らされた感じです。

そしてドクターや看護師さんたちのすばらしかったこと!

開業医から回ってきた救急の子供達の治療はどんなに大変なことでしょう。

それなのに皆さんニコニコと穏やかに、そしてすみやかに行動さてれいました。

毎日、クタクタでしょうにやさしい笑顔で子供に接し、家族にはわかりやすく不安をあおらないよう丁寧に説明して下さっていました。

小児科医は大変といつも思いますが、元気になって帰っていく子供を見送るのは冥利につきるでしょうね。

よし、生まれ変わったらうんと勉強して小児科医になりたいです!

そのまえに自分の体元気にしなきゃね。

しんくんは次の日MRIの検査を受け4日間の入院から退院しました。

今ではすっかり良くなってやんちゃがパワーアップしたようです。

来年はもう少し大きくなるから小児科通いも減ってくれるといいな〜

バアバにもう少しお仕事させてね^^


                







 
| - | - | - | posted by angelroco11
<< | 2/80 | >>